指先で、あなたの健康度がわかります。
簡単・健康チェック
ワン・コイン 血管年齢測定

◆あなたの血管年齢がわかります。 ⇒人は血管とともに老いる
◆生活習慣病予防・改善のために。 ⇒人は食べ物の化身である。
◆指先をセンサー部に当てるだけ。 ⇒測定時間は早い人で20秒。
食養所 エコロ
【食生活改善 相談所】

2013年08月15日

幕末名医の食養学 沼田勇著 (NPO法人日本綜合医学会 復刊)

2013.08.15.終戦記念日に思うこと
 68回目の終戦記念日に思い出すことは、「かかる軍人ありき」伊藤桂一著(株)光文社刊:NPO法人日本綜合医学会復刊。の【一軍医の記録】の主人公は、沼田勇先生でした。という戦時中の事実の小説のことです。
 
8/11東京新聞インタビュー「あの人に迫る」の記事に戦記作家:伊藤桂一さんが紹介されていました。
伊藤さんは、95歳で、80歳の妻千代美さんと、神戸市灘区の有料老人ホームで元気に住んでおられます。
ますますお元気で、戦場での経験・実像・死生観など、戦争の悲哀を伝えて頂ければ、と祈念しております。

第一線で戦った兵士の記録として、沼田勇軍医の仕事を紹介してくれました。日本人として、世界に誇れる仕事を、記録として残して頂けて、食養学・食養道の後継者として、伊藤様には深く感謝しております。

 この事実には、後にWHO(世界保健機構)から次のような内容の感謝の手紙が送られてきました。
『WHOのコレラ感染の予防と管理を研修するコースにおいて、沼田博士のメソッド(沼田博士がとられた方法)をしっかり伝えていきたいと考えております。』

<沼田勇軍医の方法> 兵隊に、食事の際はもちろん、食後少なくとも20分間は、一切水分を摂らぬよう、厳重に申しわたすこと。民間人にも、このことは徹底されて、上海からの引揚げ船に全員無事乗ることが出来た。
 
日本の敗戦により、コレラ発生の中国から軍人150万人・民間人100万人の引揚げの際、沼田軍医少尉が提案された簡単な方法により、全員250万人が、無事帰国することが出来ました。

沼田先生は、若い頃、数々の世界的レベルの生化学研究を発表されている最中、軍医として応召。優秀な生化学研究者であった沼田先生なればこそ、人体の生理、胃酸の効用、細菌の性質、防疫対策の制約対策、等から食事に注目、食養学を生かしたコレラ予防法:沼田メソッド:食事法を提案・実施した成果だと思います。

今の時代にも、沼田勇博士の食養学は、食生活習慣病の予防・対策に、非常に効果的な食の理論・哲学です。
本日は、食養の系譜の元は、すべて、「幕末名医の食養学」の石塚左玄であると、終生、先輩を貴ぶ、沼田先生の謙虚な姿勢を学ぶ日でもあります。
『最初に井戸を掘った人のことを忘れてはならない』:中国の古いことわざ

連日、猛暑でも、玄米食養の生活は、元氣の源です! 
これからも、玄米食養生活は、GNP(元氣で、長生き、ぽっくり)人生に役立つことでしょう!



posted by まー at 15:53| Comment(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

歯周病は、98%改善!歯科医師の報告。

歯周病は、生活習慣病。

7月3日大阪リバーサイドホテル、日本綜合医学会関西支部主催講演会に参加。

講師の歯科医師の実例を交えた、食生活の改善で歯周病が改善できた事例を聴く。

原因は、全身の血液状態がドロドロ状態の酸性体質が、目で見える歯肉の状態に

現れているのが「歯周病」との説明に、納得でした。

全国の歯科医師の先生が、このことを知れば、歯科治療中に、患者さんに「正しい食生活」を指導すれば、根本治療に繋がると思います。

「正しい食生活」を学ぶNPO法人日本綜合医学会「食養学院」の通信講座がおススメです。

来年は第10期生の募集になるとのこと。ご自身の「健康投資」にも、食養の知識が役立つかも?

以上、関西の学びの出張でした。

NPO法人日本綜合医学会の理念キャッチコピーの紹介をします。

〜医・食・農の根本から病気を防ぐ日本綜合医学会〜


<歯の健康へ  11ヵ条>がヒントになります。「福田デンタルクリニック院長の講演より」  

posted by まー at 23:34| Comment(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

千葉より三島へ、食育活動の実践報告です!

第6回食育推進全国大会IN三島市、出展(三島市立北小学校にて)&食育講演(日大三島校舎教室にて)参加

2011年6月17日(土)曇り、雨。〜18日(日)曇りの天気でした。

<玄米酵素特約店 健康円>で出展   ワンコイン・血管年齢測定イベント実施する!
しかし、人並みは途切れず、出展小間の前は、往来の人・人・人でした。

日本綜合医学会の友人の呼びかけに、私のワンコイン血管年齢測定ブースの前は長蛇の列になりました。

二日間で、約45組(90名)の血管年齢測定実施しました。食と健康は、血液・血管細胞の良否で決まる!

正しい食事と適度の運動で、腸内をキレイにして、血管を若く維持して、健康で幸せな人生を送ってください!

このメッセージを、測定後に「食養生・食事道」の原則:食の三原則をお知らせしました。

不肖、66歳の私の血管年齢測定結果は、44歳でした。疲れ気味になって測定すると54歳になります。

玄米菜食の食生活に、玄米発酵食品を摂り、体内酵素の節約をしております結果と自負しています。


講演テーマ:幸福な人生と健康〜食事道のすすめ〜
        〜自然法則に沿った正しい食生活〜手軽な玄米食について〜

一日目は、二時で閉店しました。3時からの「食育講演会」の打ち合わせをして、臨みました。

普通の講演には60分間は掛る内容を、30分に短縮して、要点重視でお話しいたしました。質問も3人の方から頂きました。 ご清聴を感謝する次第です。

二日目に、閉店時刻に、講演会のスタッフの男性が、訪ねてくれました。骨髄造血しか知らなかった。腸管造血の事を聴けて、スタッフ冥利に尽きると感謝されました。血管年齢も若く、日頃の生活も良好の結果でした。

<三島市の完全米飯給食実施のすばらしい成果を見る!>

「三島市は完全米飯給食で、生徒がよろしい方向に変わった!」と、かつて、前市長時代より給食問題の相談
指導されていた「真田町の教育長:大塚貢」先生のブースに、新市長がスタッフ職員同行で、挨拶に来られた。
と、大塚貢先生は、感激しておられました。食育推進効果が出て、喜ばれていて、生き甲斐にも繋がったようです。

三島北小学校の校庭が会場でした。校内を巡ってみて、ごみ1ッ無く、沢山のプランターには、季節の花々が見事に咲き誇っていました。生徒たちの命を育てる心掛けも反映していると感じました。

おトイレを借用しました。小さいトイレサンダルでした。しかし、便器はピカピカでした。「トイレの神様」が
学校給食改善で、全校に行き渡っているようでした。

どんな内容か? 主食のご飯は、発芽玄米10%入りの白米の炊き立てでした。(電気炊飯器で炊きます)
おかずは、日本型食生活の基本(地産地消・身土不二、一物全体食、適応食)でした。味噌汁、野菜、魚、等。

前市長の、給食改善には、周囲の猛反対がありました。真田町の前例に学び、大塚貢先生との対談が、市民の皆さんを、完全米飯給食の実現につながったようです。大人も、子供も「心と体の両面が健康になる正しい学校給食の実現に、心より拍手を送ります!」現市長・前市長の政治家の信条も、感心しました。感謝です!

以上、感想を記して、食養の大切さをお知らせいたします。




posted by まー at 18:45| Comment(4) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。